TOP特徴

特徴

JRE Stationカレッジは、異業種・異分野の社会人が駅に集い、 4カ月間でサステナブルビジネスをつくりだす学びの場です。座学での講義に加え、ゼミ活動として受講生同士がチームを組み、実際にビジネス創出にチャレンジします。その他、当カレッジには以下のような特徴があります。

3つのキーワード

JRE Stationカレッジは、価値観が大きく変わるこれからの時代に向け、新しい時代のリーダーを育成することを目指しています。当カレッジを特徴づける3つのキーワードをご紹介します。

地域の拠点である駅をキャンパスとして、多様なバックグラウンドを持つ人材が集い、新しいネットワークを形成します。
サステナブル
これからの時代のビジネスに不可欠な「サステナブル」の考え方や、サステナブルビジネスのつくり方を学びます。
ビジネス創出
JR東日本が持つアセット(駅・まち・フィールド)を実践・実証の場として活用し、ビジネスを実際に創出します。

4つのコース

JRE Stationカレッジには、リアルの場としてのキャンパスに集い、活動を行うエコテック/フードテック/ライフテックの3つのコースの他、遠隔地などでリアル参加が難しい人のためのオンデマンドコースを用意しています。

エコテックコース

地球温暖化や異常気象、生物多様性の減少など、人間の活動に起因する地球環境の変化が加速度的に進んでいます。この状況を打開し、水質浄化や廃棄物循環、災害対策といったサステナブルな地球環境の実現を目指すコースです。

エコテックコース詳細

【2024年9月新規コース開講】2024年4月受付開始

フードテックコース

食料資源の枯渇やフードロスなど、私たちは「食」に関するたくさんの問題を抱えています。食べ物をつくり、食卓に届け、地球にかえすまで、地球と調和した「新しい食の循環」を模索するコースです。

フードテックコース詳細

【2024年9月新規コース開講】2024年4月受付開始

ライフテックコース

これからの時代は、性別、年齢、国籍、宗教、ソーシャルヒエラルキー、障害の有無、雇用形態など、多様性を受け入れながら誰もが豊かに生きられる方法を考える必要があります。人間の暮らしと地球のあり方についてアップデートを図るコースです。
ライフテックコース詳細

【2024年9月新規コース開講】2024年4月受付開始

オンデマンドコース

オンライン受講に特化したコースです。サステナブルビジネスの本質を「18の考え方」に落とし込み、全6回で解説していきます。ビジネスの構想を実践に移すために個々人に必要な姿勢や行動習慣、持つべき視点についてお伝えします。
オンデマンドコース詳細

カレッジ共通カリキュラムエコテック/フードテック/ライフテックの3コースは全6回の講義と全8回のゼミで構成されており、各コースとも講義部分は共通です。第1〜6回はサステナブルビジネスを実践するゲストスピーカーを招き、議論を交わします。オンデマンドコースはゼミ活動はなく、6回の講義となります。

受講を通して身につくスキル

JRE Stationカレッジの各コースを受講することで、下記のようなスキルを身につけることができます。いずれも、新しい時代を切り拓くリーダーに必須のスキルと言えます。

■リーダーシップ

当カレッジを受講することで、新しいビジネスを立ち上げ、推進していくために必要なリーダーシップを身につけることができます。
リーダーシップ研修について

■プロジェクトマネジメント

ゼミ活動でプロジェクトを立ち上げる中で、チームをまとめ、目標や計画を立ててプロジェクトを運営していくためのプロジェクトマネジメントの手法を学ぶことができます。

■新規事業創出

受講生はゼミ活動を通じ、チームを組んでプロジェクトを立ち上げ、事業化にチャレンジすることで、新規事業創出の貴重な経験を積むことができます。

この記事をシェア
2022年度開講情報